磨く技術 | 超精密ラッピング加工

ラッピング加工とは

ラッピング加工とは 遊離砥粒(研磨剤)をふくんだ状態で摺動運動(すりあわせ)を行い、加工物を微少切削しながら研磨することによって、加工物をより平坦に仕上げていく遊離砥粒加工です。
そのため、高精度な加工面、寸法が得られます。
砥粒が転動することで破砕が生じにくく、加工面は基本的には無光沢な鈍い反射面となります。
さらに、高精度な面を生成する加工機としては金属や樹脂定盤にダイヤモンド砥粒等を固定した固定砥粒加工法も対応が可能です。