切る技術 | 素材の切断加工

スライス加工(切る技術)

マルチワイヤーソーによる2種類の加工方式により材料特性に適した切断加工をご提供致します。

  • 遊離砥粒方式(スラリー方式)
  • 固定砥粒方式(ダイヤモンドワイヤー)

マルチワイヤーソーとは

各種材料の切断技術でお困りのことが御座いましたら遊離砥粒方式、固定砥粒方式どちらの工法も御座いますので是非弊社までお問い合わせください。

保有設備

主な対応素材

窒化アルミ AlN / アルミナ Al2O3 / サファイア /炭化ケイ素 SiC/銅 Cu/モリブデン Mo/タングステン W/銅モリブデン/銅タングステン/ 石英ガラス / ニオブ酸リチウム LiNbO3 / タンタル酸リチウム LiTaO3 / チタン酸バリウム BaTiO3 / ジルコニア ZrO2 /窒化ケイ素 Si3N4 /超硬材(SK材)/ セラミックマトリックス複合材料 (CMC)

加工事例

研磨加工・ラッピング加工・超精密加工
サイズ/仕様例
外径 φ1~φ200/~L300
厚み t0.080~12.000
※マルチワイヤーソーの場合
厚み精度 t±0.010~

加工事例

マルチワイヤーソーを用いて切り込み加工やダイシング加工も行っております
※左記画像はワインボトルに切り込み加工を施した名刺立てです

お問い合わせ